上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわー

なかなか忙しくてブログを書けない日々が続いておりますが
皆さん見に来てくれてありがとうゴザイマス

忙しすぎてバイクとスケボーがオブジェと化してます

そんな中こないだ梅田に飲みに行ったとき
いつものようにワイワイしゃべりながら店に入ると
決して広くないむしろ狭いぐらいの店に藤原竜也が鎮座していました
藤原竜也=キラ
ですよ
ん~デスノートハマったなぁ
みんなのため?人のため?自分のため?
正しい事って?なんだろなぁ~って考えたもんです


話戻って流石一流芸能人
店に入った瞬間すぐに目に入りました
いまいち状況が理解できずあんなにしゃべっていたのに一瞬で無言になってしまい
変に気を使いすぎどこの席に座っていいのかわからなくなりアタフタしてしまいました

結局隣のテーブルとゆうかなり近距離での食事となりました

トイレなんて古田新太の真後ろで
あっちょっとすみません
っていかなあかん状況です


なんか芸能人ってすごい遠い存在で違う世界の生き物みたいに感じてますけど
実際あうと急にリアルな存在になりますね

僕の小学校中学でよく遊んでた友達はレンジャー系のヒーローなったり
高校の時のクラスメイトがピースの又吉だったり

芸能界ってその世界への高い壁はあるもののそんな遠い存在ではないのかなって感じちゃいますよね

あと好きな人がYUIだったり・・・


やっぱ遠いよねぇ~
芸能界遠すぎるよねぇ~(笑)

それでもこの曲聞いたらなんだか


動き出すよ!!キミのもとへ!!
走れ!走れ!走れ~!!

ってけっこう全力疾走で走りきってしばらくした頃に映画モテキを見ました

「果たして主人公は本当の恋愛に辿りつけるのか?」

このテーマから一歩も逃げず、最初から最後まで曲がりくねった人間関係の軌跡を描き続けた秀作でした

その中のワンシーンで主人公(森山未來)がいろいろなことがあり精神的に弱りどうしていいのかわからなくなっているとき
まさにこの動画をYouTubeで見て
思いをよせる相手(長澤まさみ)に告白しに行こうとするシーン

そこのシーンで走り出した森山未来を上司である真木よう子が強引に引き止めて言ったセリフ

「気をつけろ!弱ったときに聴くアイドルソングは麻薬だ!!
ももクロもAKBもスマイレージも全部構造は同じだ!
【好き】って気持ちを伝えること至上主義の歌詞に洗脳されて告白したって現実じゃドン引きされるだけなんだよっ!」









な~にぃ!!
ひょっとしてオレ







a5afa1bca5eba5dda5b3.jpg


おかしい
おかしいぞ
あの時俺を止めようとした奴はいなかった
むしろ応援されていると思っていた!!

!?
俺は騙されたのか!!
みんな気づいていながらもそれを楽しんでいたのか!?

よく考えろ!オレ!!

ひょっとしたら俺は気づかぬ内にいろいろなストレスで弱っていたのか?
もしそうならばアイドルの歌を聞いて一念発起するエネルギーが湧かないこともない
もしもしそうだったとしたならば
そんな時のエネルギーほど無謀で自滅性の高いエネルギーはない!!
それはまさに相手の気持ちを考慮していない行動なのだから!!

さてこんな恥ずかしい話を身を削ってブログで公開した以上
もし、ももクロちゃんの走れを聞いて
告白しよう!!と決意するような人がいれば
僕の教訓を生かし
今一度自分は今弱っていないか自問自答することをオススメします

しかし時にはその無謀なエネルギーが人の心を動かすことだってあるかもしれない
その無謀なエネルギーを見て誰かがポジティブマインドにシフトすることだってあるかもしれない
少なくとも僕はそうゆう人を見るのが好きだし応援したい

ん!?
それで誰も僕を止めなかったのか?
やっぱり僕を応援してくれていたのか?

心のどこかが弱っているかもしれないが何らかのきっかけで勇気づけられ動き出せるポジティブさがあるなら
その行動力は大切にしなければいけないと思う

動き出して!!僕の体!!
走れ!走れ!走れぇ~

そうももクロちゃんはなにも悪くない
先程の動画とこの動画を最後まで見ればわかるはず

麻薬だって構わないじゃないか!!
動き出そうとする勇気が生まれるなら

映画モテキで弱っている時のアイドルソングは麻薬とゆう言葉が名言になったけれど
ほぼ同じ理由で現代社会においていろいろな理由に弱っている僕は昔からジブリにハマっている

汗をかいたかなこぉのおデコにくっついた前髪だけで泣けてくるファンがいるように
ジブリ映画を見ているといろいろな理由で泣けてくることが多々あるが

モモクロの走れとかぶるのはやはり
崖の上のポニョかな

必死に走り回るポニョを見ているだけで泣けてくる
「そうすけ好き」
その純粋な気持ちがヒシヒシと伝わってくるシーンなので好きだ

さてさて自分で書いておきながら客観的に見ればかなりこの人
病んでるのかな?
と思われそうな内容ではあるが自分では一切病んでる気はしない
だれだって弱っている時はあるしどん底にいる時だってある

けど大事なのはその状態にいる自分をどう思ってどうしたいかとゆうことを考えられるかにあると思う

僕が昔から大切にしている言葉
ネガティブがあるからこそのポジティブ

ネガティブな気持ちがないとポジティブな気持ちなんて生まれてこないんじゃないの?
ってこと

嫌なものごとがあってそれを受け入れたくなくて頑張りたい気持ちが生まれてくるとか

ネガティブがあるからこそのポジティブ
YUIの歌にいつもそれを感じ励まされてきた気がする
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hd0524209.blog11.fc2.com/tb.php/449-041375ed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。